北海道向け海上輸送実験「伏木冨山港」!



北海道向け海上輸送実験「伏木冨山港」!

拠点港選定へ実験!

富山県と経済界でつくる伏木冨山港モーダルシフト推進協議会は、県内や近県の企業が北海道向けに陸上輸送している貨物を伏木冨山港からの海上輸送に切り替えるモーダルシフトの実証実験を実施する。

2011年8月〜10月に3回にわたって行い、国の日本海側拠点港選定を目指す同港の貨物量増加や環境負荷の低減につなげる。2011年8月9日、県庁で記者会見した。

県内や近県の企業の貨物はトレーラで輸送されるものが多いが、こうした貨物の出荷時期を調整し、苫小牧港まで海上輸送する。

輸送には、貨物車両を荷役設備を使わずそのまま積載できるRORO船を使用する。

実験1回でトレーラ60台分を目標としており、陸上輸送に比べ二酸化炭素排出量を1回当たり246トン(70%)削減できる。

同協議会は対象となる貨物を募集しており、荷主企業に20フイートコンテナ1個当たり1万円を助成する。

知事は「環境保全、地球温暖化対策という側面に加え、日本海側拠点港に伏木冨山港が立候補していることもにらんで、さまざまに前向きな取り組みを実施したい。


こんな話題がありました。
県は、伏木冨山港は日本海側拠点港にと推進しています。近県では金沢港、敦賀港、新潟港と各県も推進しています。ども港になるか、その県の将来の経済に大きな影響を受けるでしょう!
私として、冨山が日本海側の真ん中で、外国との貿易もそこそこ実績もあり、関西、中京、関東と中国、韓国、ソビエトなどの窓口に最適と考えています。
はたして、どこが選ばれるか?


タグ:貿易
posted by Syuuhei at 11:45 | 富山 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 富山県

旅行先の満足度「冨山が総合10位に」初!



旅行先の満足度「冨山が総合10位に」初!

初のトップ10に入る!

リクルート(東京・千代田区)がまとめた2011年の「宿泊旅行調査」によると、都道府県別の総合評価で冨山が10位に入った。

北陸3県がトップ10に入るのは06年に石川7位になって以来。石川、福井もそれぞれ昨年より順位を上げており、旅行先としての北陸に人気は相対的に高まっているようだ。

調査はインターネットで2万3954人を対象に実施、64.9%に当たる1万5556人から回答を得た。

総合評価は旅行者が満足したかどうか聞くもので、11年は沖縄、京都、北海道といった有名観光地のほか、新たに青森、島根、長崎などがトップ10に入った。

食べ物、宿泊施設といった個別の魅力のランキングでは、冨山の順位はおおむね石川よりも下だが、「地元の人のホスピタリティ(もてなし)」のランキングでは、冨山が22位、福井が29位、石川が30位。

今回の調査では、総合評価がホスピタリティの評価と連動する傾向がみられ、青森、島根は両方のランキングで上位に入った。


こんな話題がありました。
結構知られた、調査会社のランキングで冨山が総合で10位なったことは、うれしいことです。
今まで、冨山は知らない人が多いことで、知られていたのに!
ましては、北陸3県では上位になったよ!
旅行先を冨山とする人がますます増えるような気がします。
冨山の今では、旅行の穴場ではなくなったのでは?
本命になってほしいですね。



旅行先の総合評価ランキング(リクルート調べ)2011年度

順位  都道府県  点数
1   沖縄    91.0
2   京都    90.9
3   宮城    88.1
4   北海道   87.2
4   大分    87.2
6   青森    86.7
7   島根    86.1
8   長崎    86.0
9   千葉    85.7
10  冨山    85.4
11  ---
12  ---
13  石川    84.9
14  ---
15  ---
16  ---
17  ---
18  福井    84.4

 
   
タグ:富山県観光
posted by Syuuhei at 05:19 | 富山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県

オークションで「知事車88万円」!



オークションで「知事車88万円」!

議長車は62万円で

ネットオークションに出品した知事と議長の公用車2台の入札で、知事車が88万円、議長車は62万円で、それぞれ神奈川県の個人が落札した。

購入時1千万円位の高級車だが、オークション開始時の価格は10万円以下に抑えられていた。県は「思っていた以上の高額」としている。

2台ともトヨタ自動車の「センチュリー」で、知事車は199(?)年に購入し、昨年まで県内で使用後、都内へ移籍して使っていた。

走行距離は約14万4千キロ、議長車は95年に購入し、走行距離は約8万3千キロ、オークション開始時の価格は、査定に基づいて知事車が8万円、議長車は6万円に設定。

入札者数は知事車が67人(うち県内5人)、議長車(同1人)だった。


2011年7月の情報で!


こんな情報がありました。
知事、議長が使用した車でこんな金額が!
でも年数は経っていますが、大事に使用しているので買い手もあるでしょうね!
県内の人が少ないのが、ちょっと残念ですね。
高い買い物か、安い買い物か、分かりませんが、私は安い買い物ではないでしょうか!

posted by Syuuhei at 19:22 | 富山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県

「V案内所」冨山の魚津駅前に!



「V案内所」冨山の魚津駅前に!

国際観光にお墨付き!


JR魚津駅前の魚津駅前観光所が2011年5月24日までに、JNTO(国際観光機構)のビジネット・ジャパン案内所(略称・V案内所)に登録された。

魚津市を訪れる外国人観光客らの対応拠点となる。

V案内所は全国の観光案内所のうち、外国語を話すスタッフがいるなどの条件を満たした所をJNTOが指定している。

登録されれば、JNTOによる電話の通訳サポートサービスなどを受けられる。

県内の登録は8カ所目。

魚津駅前案内所は4月13日にオープン。市観光協会が運営し、交代でスタッフが3、4人常駐する。韓国人スタッフも一人おり、常時ではないものの英語と韓国語、ドイツ語に対応可能となっている。

案内所の利用客は単純計算で1日40人と想定を大きく上回っているそうです。首都圏や関西圏の観光客が目立ち、食事の案内や蜃気楼などを見たいと訪れる人が多いとか!




富山県のV案内所

〇とやま観光案内所  JRとやま駅  076−432−9751
〇いきいきKAN   富山市新富町  076−444−7120
〇大佛旅館      高岡市大仏町  0766−26−0760
〇小矢部サービスエリア 上り線    0766−61−4203
〇小矢部サービスエリア 下り線    0766−61−4204
〇有磯海サービスエリア 上り線    076−471−2901
〇有磯海サービスエリア 下り線    0765−22−9772
〇魚津駅前案内書   JR魚津駅   0765−22−2244


国内外の観光客を受け入れるには、まだまだ案内所が足りない気がしますね。
氷見、黒部、宇奈月などかな?
外国からの観光客やビジネス関係で国際化してきた感じです。
これらの、充実も他県より先駆けてすれば、アピールの材料になるのでは! 




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

来場有難うございます。
押して頂けば励みになります


タグ:富山県観光
posted by Syuuhei at 09:33 | 富山 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魚津市

国際木彫刻キャンプが8月から!



国際木彫刻キャンプが8月から!

国内外作家15人招待!

共同組合と公開製作へ!

2011年8月に行われる「南砺市いなみ国際木彫刻キャンプ2011」の第2回実行委員会が2011年2月23日開かれ、海外10カ国10人と国内5人、地元の井波彫刻共同組合を招いて公開製作を行うことを決めた。

招待作家は、富山県芸術文化協会と実行委員会製作部会が実績など考慮して推薦し、実行委で承認した。国内からは中山さん(小矢部市)辻さん(砺波市)木村さん(南砺市)旧城端町出身の山下さん(愛知)池川さん(鹿児島)の5人。

海外作家のうちベラルーシ、ブルガリア、チリ、フィンランド、タイから初参加となる。

会期中のイベントとして、木彫刻体験や絵画コンクール、茶会などを行うことも報告された。

木彫刻キャンプは南砺市と実行委員会が主催。国際理事と文化交流を深めようと、1991年から4年ごとに開いてきた。6回目の今年は20年の節目に当たり、8月18日〜30日に井波彫刻発祥の地、井波別院瑞泉寺で開催する。


こんな話題が以前からありました。こんな素晴らしい芸術イベントが冨山で行われるとはうれしいですね。

作家が公開製作するのが、身近に見れるますよ!
今年はじっくり、見学させてもらう予定です。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

来場有難うございます。
押して頂けば励みになります


posted by Syuuhei at 13:03 | 富山 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 国際木彫刻

社長輩出数「富山は3位」だって!



社長輩出数「富山は3位」だって!

福井県が、29年連続首位!(人口当たり)

帝国データーバンクがこのほどまとめた2010年の調査結果によると、人口10万人当たりの社長の数は福井県が1752人と全都道府県でトップとなり、2位の山梨県(1535人)以下を大きく引き離した。

帝国データーでは大都市から離れていて、眼鏡枠など独自の地域産業があるためではないかと分析している。

総務省の人口推計と、帝国データーが保有する全国の約135万社分のデーターベースを利用して計算した。福井県は調査を始めた1982年以降、連続して首位を守り続けている。経営者が交代した企業の割合や社長の平均年齢は全国平均とほとんど差がなかった。

北陸3県では富山県が1421人で3位、石川県が1226人で14位といずれも上位に入った。

上位は島根県1388人や秋田県1246人など日本海側に面した県や人口の少ない県が目立つ。

一方、最下位には埼玉県439人、千葉県453人、神奈川県455人と大都市の通勤圏が並んだ。


こんな話題がありました。
これから想像すると、大都市やその隣接県などは、大企業があり、数字を下げていることが想像できますね。通勤県がもっと低いのもうなずけますね。

ただ、九州、四国、東北に比べ北陸3県が多いのはどうしてか?
素人考えで、小さな会社もあり、大きな会社もありバランスがとれているからこんなデーターになったと思います。
ところで、なんか下位より、上位の方が良い気がしませんか!(実情は分かりませんが?)



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

来場有難うございます。
押して頂けば励みになります


タグ:日本1位
posted by Syuuhei at 11:05 | 富山 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県

低炭素都市大賞に「富山市」が!



低炭素都市大賞に「富山市」が!

「LRTネットワーク」が評価!


全国の自治体や中央省庁などでつくる低炭素都市推進協議会(会長・北九州市長)は2011年1月21日、二酸化炭素(CO2)削減に向けて設けた表彰制度「低炭素都市づくり・ベストプラテクティス」の大賞に、富山市の「LRT(次世代型路面電車)ネットワークの形成」を選んだと発表した。

同協議会は環境モデル都市の優れた取り組みを国内外に発信しようと発足。表彰は今回が初めてで、全国18団体から26件の応募があった。

富山市のLRTネットワークは富山ライトレールや市内電車に加え、将来的に富山地鉄上滝線を含めた全長25,3キロの路面電車網を構築。沿線に住居や事業所などを誘導し、過度に自動車に頼らない生活を目指す。

ライトレールで年間74トン、将来的には131トンのCO2を削減できるとし、選考では「挑戦的なプロジェクト」と評価された。

大賞は富山市のみ。特別賞として横浜市など8自治体が選ばれた。



今後の富山がどう変わっていくのか、少し興味が出てきました。こんな話題がありました。
富山市が全国的に環境モデル都市になり、計画の実行を進めています。
小さな市ですが、環境都市に挑戦しています。
今までの富山のイメージは、全国の様子を見て合わせていくような消極的に思っている人が多いのでは?
富山市のように、全国に先駆けて挑戦することが、県民性を変えていくのでは!



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

来場有難うございます。
押して頂けば励みになります


タグ:環境
posted by Syuuhei at 05:10 | 富山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山市

旧国鉄ディーゼル引退「高山線」!



旧国鉄ディーゼル引退「高山線」!

老朽化で2011年3月11日(富山ー越中八尾)高山線!

西日本旅客鉄道(JR西日本)金沢支社は、JR高山線の富山ー越中八尾駅を走る旧国鉄色のディーゼルカーが老朽化のため3月11日に引退すると発表している。

1970年代に全国で急行列車の代表格として活躍。路線の電化や新型車の投入が進み世代交代する。

引退する2編成の「キハ28系・58系」は64に製造され、70年代に金沢駅ー青森駅を結ぶ急行「しらゆき」、金沢駅ー松本駅を結ぶ急行「白馬」として活躍した。

現在は、JR西日本富山運転センターに国鉄色の1編成2両、あずき色の1編成2両が所属し、富山駅ー越中八尾駅を平日に1日4往復している。3月12の新ダイヤを前に退く。

富山駅ー猪谷駅の10駅分をセットにした記念入場券や富山駅ー越中八尾駅の記念往復乗車券えお発売、3月11日に「ありがとう キハ28・58」のヘッドマークを先頭車両に掲げる。11日に富山駅で引退セレモニーがあるそうです。

(入場券、往復券などはJR西日本に確認してください)


こんな話題があり、用事で高山線を横切る高架橋を走っていると、鉄道ファンがあんのじょう列車が来るのを橋の上でカメラを持って、待ち構えていました。
こんなローカル列車の引退でも、ファンの人は魅力あるんですね。寒い中良い写真が撮れればと思いました。
鉄道ファンの方で、興味ある人は---!。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

来場有難うございます。
押して頂けば励みになります


タグ:鉄道
posted by Syuuhei at 05:05 | 富山 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県

「家族力」富山46位だって?



「家族力」富山46位だって?

ネット調査1位は鹿児島県!

子育ての実態などについて調査、研究している「三世代家族研究所」(東京)は、中学生以下の子どもがいる20〜40代の男女を対象に独自の「家族力検定」を実施。鹿児島県が平均69.9点で1位だった。2位は67.3点の京都府で、3位は66.5点の高知県。

富山県は58.8点の福井県に次いで低かった。

「子どもに昔自分が好きだった歌やアニメを話している?」「自分の親や配偶者の親の年齢や誕生日をちゃんと覚えている?」などの質問に、それぞれに五つの選択肢を設けて0〜10の点数を付けた。

「歌やアニメ」なら「自分から積極的に話している」人は10点、「話したいとは思わない」が0点。質問は全部で10問あり、満点は100点。

インターネットを通じ、47都道府県からそれぞれ50人、計2350人の回答をまとめた。全国平均は62.7点。10位までのうち7自治体を西日本が占めた。性別では、男性(60.4点)より女性(64.2点)が高かった。

家族関係の実態調査も自由記述方式で併せて実施。研究所所長は「家族力の高い母親の方が、子どものしつけや将来について夫と話したがっているという姿も浮かび上がった」としている。


「家族力検定」上位10都道府県
    都府県    平均点
1、  鹿児島    69.9
2、  京都     67.3
3、  高知     66.5
4、  長野     65.6
5、  佐賀     65.3
6、  宮崎     64.8
7、  福岡     64.7
8、  東京     64.4
9、  香川     64.4
10、 福島     64.2
  

こんな話題が2010年11月位にありました。
富山が46位とは最後から2番目だって、本当かな?
どうしてかなと考えてみると、
1、案外子どもに対して、放任主義な家族が多いような!
2、県民性で、こんな回答は遠慮して1クラス低く回答する傾向があるような!
3、最近3世代で生活しても、それぞれ別々に食事などをして、親や祖母、祖父との交流が少なくな  っている家庭が多いような!


2、がこの回答での差が出た感じがします。たぶん雪国が下位になっていると想像しますが、しかし  こんな話題はイメージを損ねる気がします。富山の遠慮も良し悪しになる可能性があるので注意  ですね。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

来場有難うございます。
押して頂けば励みになります



タグ:環境
posted by Syuuhei at 05:17 | 富山 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県

一度は行きたい温泉地に「黒部峡谷」が上昇!



一度は行きたい温泉地に「黒部峡谷」が上昇!

「黒部峡谷」が22位に上昇!


一度は行きたい温泉地

リクルートがまとめた「人気温泉地ランキング2011」で、黒部峡谷温泉群(富山県黒部市)がまだ行ったことがないが一度は行ってみたい「あこがれ温泉地」の22位に入った。

昨年に続いて20位以内に入った温泉は北陸にはなかった。

黒部峡谷温泉群はトロッコ電車や黒四ダムなど周辺観光の魅力が支持されており、北陸3県では和倉温泉を抜いてトップになった。

黒部市では「車で行けない秘境的な魅力があるのではないか」とみている。

調査は2010年9月1〜20日に同社の旅行サイト「じゃらんネット」で宿泊やツァーの予約をした男女3605人を対象に、インターネット上で実施。国内331カ所の温泉地から選択してもらった。

黒部峡谷温泉群は、黒部峡沿いに点在する黒薙、釣鐘、名剣といった一軒宿の温泉地の総称で、大型旅館が温泉街を形成している宇奈月温泉は含まれない。

一帯はマイカーでは入れず、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車の駅から徒歩で訪れる。ランキングは昨年の28位から上昇した。

一方、和倉温泉は昨年の21位からやや後退した。リクルートによると、「温泉地より有名旅館の加賀屋に宿泊したいというコメントが多い」

和倉はもう一度行ってみたい「人気温泉地」ランキングでは昨年と同じ20位で、北陸3県でトップ。山中温泉は51位から41位に順位を上げた。


一度は行ってみたい温泉地ランキング

  順位       温泉地
1(1)     由布院温泉
2(3)     草津温泉
3(2)     登別温泉
4(5)     乳頭温泉郷・田沢湖温泉
5(4)     別府温泉郷

22(28)   黒部峡谷温泉群
23(21)   和倉温泉
32(29)   宇奈月温泉

こんな話題がありました。
一度は行ってみたい温泉地ともう一度行ってみたい温泉地がランキングになっている
北陸3県では上記の温泉地が全国的にも有名ですがまだ他に有名な温泉地が一杯あります。

ただ日本人は、通常の温泉地から、ゆとりや癒やしの温泉地がだんだん人気になってきたのではないでしょうか?
北陸は日本のまん中に位置し、交通などは便利です、由布院、登別なども人気がありますが、自然、食べ物、温泉効用など穴場ではないせしょうか北陸は!
でも調査は恐ろしいものですね、私の思っていることとデーターが合ってることが!
黒部峡谷群にも、大きな魅力があるのと、石川県では山中温泉が段々人気がでて昨年に2回も行ってきました。
今年は黒部峡谷群の温泉には2回挑戦したいと思っています。紅葉時期と暑い夏場に避暑に!宇奈月で1泊するか日帰りで!


追記
和倉温泉の加賀屋さんは人気ランキングで1位の旅館、台湾に進出しましたね、テレビで放送していました。こんな近くにあるのに泊ったことがありません。
家族では2人は泊ったことがありますが!。一度は泊ってみたいですね。
(従来の高い高級旅館のほかに、最近庶民的な旅館も最近出来て評判は良いらしいです)



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

来場有難うございます。
押して頂けば励みになります


posted by Syuuhei at 09:40 | 富山 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。